浮気の証拠を握るために

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。
調査にかかる時間が短いほど支払いも安くすみます。
浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発見された時、別れるべきか否か決めかねますよね。
それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。
夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。浮気の調査を探偵に任せ、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
不信感を抱いてしまった相手と一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。
探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。
その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。
請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ