日本全国の看護師の年収は平均437万円程

日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
保育園や病院以外などに連れ添って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤なしの職場を希望しているものです。病院ではないところで働くには、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しております。こういった場合には、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。看護師の職場といえば、病院という想像が一般の考えでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。
また、どんな点を重視するのかを決めておくことをお勧めします。未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めるようにしましょう。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ